So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仕事:2016年単行本装画>『天下一の軽口男』(幻冬舎) [仕事履歴:表紙]

木下昌輝著 『天下一の軽口男』 幻冬舎 2016.04.07 発売

装幀 五十嵐徹(芦澤泰偉事務所) 
装画を担当しました。

上方落語の祖・米沢彦八を描く痛快時代小説です。
10年くらい前だったでしょうか。
大阪生玉神社の「彦八祭り」ボランティアに参加したことがあります。
彦八さんの表紙が描けてうれしいです。
初めて原稿を読む時、今日は夜9時まで、と決めて読んでいましたが
ぐいぐい引き込まれて気が付いたら日付が変わっていて、読み終えていました。
グッときましたっ。うるうるしちゃいました。

表紙は金ぴかです。
人をいっぱい描きました。

DSC_0426.jpg

DSC_0428.jpg

hikohachi.jpg

天下一の軽口男/表紙.jpg

DSC_0433.jpg

天下一の軽口男/化粧扉.jpg

ちょうどこの絵を描いていたとき、
県人会の仕事で柳亭燕路師匠にインタビューをして
会報に載せる文章にまとめる作業をしていました。
入門時のこと、師弟関係のことなど興味深い内容を聞くことができました。

偶然のことだったので不思議な感じがしました。

天下一の軽口男
天下一の軽口男
posted with amazlet at 16.04.11
木下 昌輝
幻冬舎 (2016-04-07)
売り上げランキング: 38,433