So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

取材を受けました。 [お知らせ]

着物の雑誌、月刊「アレコレ」Vol.96(7/5発行)の取材を受けました。
http://www.arecole.com/

イラストレーションの仕事をするようになったきっかけや、仕事のこと、着物のことなどをお話ししました。着物については私が教えていただきました。取材をしてくださる方もカメラマンの方もお着物姿でとても素敵でした!

正面の写真も載っていますが照れくさいのでこれで。よく撮っていただき感謝です。

自分を振り返る良い機会になりました。ありがとうございました。

arekore1.jpg

月刊「アレコレ」取り扱っているお店
http://www.arecole.com/shoplist/index.html



第39回「お歯黒」 [4コマ漫画]

39ohaguro.jpg

※虫瘤:ヌルデには「ヌルデシロアブラムシ」が寄生し、大きな虫こぶを作ることがある。これを割ってみると、中には黒紫色のアブラムシが多数生活している。

お歯黒は、鉄漿(かね)とも表わされる。鉄漿水と五倍子粉を歯に交互につけることで歯を黒く染める。鉄漿水は酢の中に酒、米のとぎ汁、折れた釘などの鉄を溶かして作った液体。鉄漿水の酢酸第一鉄と、五倍子粉のタンニン酸が結合することで黒く染まる仕組み。

ヌルデ:ウルシ科ヌルデ属の落葉高木。フシノキともいう。→ふしのこ

にほんブログ村 歴史漫画
にほんブログ村 4コマ漫画


仕事:2013年文芸誌>小説NON8月号 [仕事履歴:モノクロ]

2013.7.22発売

雑誌掲載(小説NON 2013年8月号)

風野真知雄作 勝小吉事件帖 「傾城の猫」の挿画を担当いたしました。

小吉の檻に猫が訪ねてくるようになった。
白黒の斑で妙に色っぽい乙女のようだった。

3kokichi.jpg


小説NON (ノン) 2013年 08月号 [雑誌]

小説NON (ノン) 2013年 08月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2013/07/22
  • メディア: 雑誌



江戸城無血開城を成し遂げた勝海舟の父、勝小吉。本作は小吉を主役にした捕物帖。

小吉は幼い頃から喧嘩と遊びに明け暮れ、家出を何度となく繰り返すような人物でした。このやんちゃぶりが人気で阪口安吾、子母澤寛など数多くの作家を魅了しています。

仕事:2013年文芸誌>小説宝石8月号:光文社 [仕事履歴:「ごんたくれ」西條奈加著]

2013.07.22発売

雑誌掲載(小説宝石 2013年8月号:光文社 西條奈加作 第10回「ごんたくれ」の挿画を担当いたしました。

ぞくぞくするほど、なまめかしい感触だった

10gotakure.jpg


小説宝石 2013年 08月号 [雑誌]

小説宝石 2013年 08月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2013/07/22
  • メディア: 雑誌




江戸時代、京を舞台にした絵師のお話です。

第38回「やけ酒」 [4コマ漫画]

38yakezake.jpg

福岡出身者として疑問に思ったのは久留米藩は海に面してないということ。しかし、庭に浜辺を表現してる当時の絵がちゃんと存在するのです。そして久留米藩は幕末屈指の海軍力を持つ藩なのでした。

にほんブログ村 歴史漫画
にほんブログ村 4コマ漫画


仕事:2013年読書情報誌>青春と読書8月号 [仕事履歴:「お伊勢ものがたり」梶よう子著]

2013.07.20 発行

雑誌掲載(青春と読書:集英社 2013年8月号)

梶よう子作 「お伊勢ものがたり 親子三代道中記」 第十一回の挿画を担当いたしました。

わたくしの歩む道は己が決めとうございます―
意を決して胸の裡を語り始めた雪乃、
好いたお人への想いを貫くことはできるのか

11oise1.jpg

仕事:2013年文芸誌>小説すばる8月号 [仕事履歴:「かたづの!」中島京子著]

2013年7月17日発売

雑誌掲載(小説すばる 2013年8月号)

中島京子作 第八回「かたづの!」の挿絵を担当いたしました。

三五郎へ家督を譲り、女亭主はその役目を終えたかとも思われた。だが、その後の根城の政は、やはり清心尼を中心にまわっていた。

8kataduno11.jpg

8kataduno2.jpg

8kataduno31.jpg

第37回「特例」 [4コマ漫画]

37tokurei.jpg

「大名を胴切りにする子安婆」は当時の川柳です。子安婆(こやすばば)=産婆

押っ取り刀(おっとりがたな):急な出来事で、刀を腰に差す暇もなく、 手に持ったままであること。急いで駆けつけることの形容に用いる。「おっとり」ですが「ゆっくり」の意味ではありません。

にほんブログ村 歴史漫画
にほんブログ村 4コマ漫画


第36回「かまわぬ」 [4コマ漫画]

36kamaimasu.jpg

江戸の意匠(デザイン)の一つ、判じもの(文字・図画などに、ある意味を隠し、人に判断させて当て させるもの)です。ほかに「斧琴菊(よきこときく)」や「いとし藤」も有名。

にほんブログ村 歴史漫画
にほんブログ村 4コマ漫画