So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仕事:2017年文芸誌>小説宝石 2017年12月号(光文社) [仕事履歴:モノクロ]

2017.11.22.発売
雑誌 小説宝石 2017年12月号:光文社

西條奈加作 時代小説「無暁の鈴(むぎょうのりん)第16回」の挿画を担当いたしました。

千日行とは、何のために行うものか?
11101.jpg




仕事:2017能案内チラシ>宝生流シテ方東川尚史氏「乱」 [仕事履歴:能]

能楽師・宝生流シテ方東川尚史さんによる『乱(みだれ)』
ご案内の絵を担当いたしました。

今回東川さんが演じる「乱」は
宗家の特別の許しを得て演じるは特別な曲目。
難度の高い曲目です。

お祝いの雰囲気や猩々のお茶目でかわいらしいところなど
是非皆さんにも楽しんでいただきたく思います。
おすすめです!

宝生会 月並み能 12月公演
2017年12月10日(日)正午開場 午後1時開演 @宝生能楽堂(水道橋)

midare.jpg

能「乱(猩々)」はこんなお話です。
クリックしたら大きくなります
1121.jpg

猩々とは古代中国、仏教の古い書物にも記されている架空の生き物。
体は朱紅の長毛、顔は人に似ていて人語を話し、酒を好むとされています。
syoujo.jpg

その特徴からオラウータンの漢名となっています。
orautan.jpg

高校生の生物で知ったショウジョウバエ。
その名前が赤い目を持つことや酒に好んで集まることから
この和名がついたのだそうです。へ~~~。いい名前~。

この猩々さん
「能」以外でも歌舞伎やお祭りに出てきて
ちょっと前まではとてもポピュラーなキャラクターだったようです。
河鍋暁斎の猩々はとってもキュート♡

仕事:2017年文芸誌>【文藝春秋12月特別増刊号】西郷隆盛を知る [仕事履歴:カラー]

2017.10.19 発売
雑誌裏表紙(【文藝春秋12月特別増刊号】西郷隆盛を知る:文藝春秋社)


磯田先生の対談もあります!
[対談]林真理子(原作)×磯田道史(時代考証)

西郷隆盛は犬が好きだったそうです♪
1103.jpg